【Netflix】映画「ヤクザと家族 The Family」は家族について考えさせられる

スポンサーリンク
Netflix
スポンサーリンク

はじめに

Netflixで綾野剛さん主演の『ヤクザと家族 The Family』を見ました。

任侠映画なのか?と見える部分もある反面、見てみると家族の絆が描かれていて、家族って一体なんだろうと考えさせられる作品です。

早速レビューしていきます。

 

映画『ヤクザと家族 The Family』予告篇

 

こんな人にオススメです

  • 綾野剛さんの出演作品が好きな方
  • 舘ひろしさんの出演作品が好きな方
  • 藤井道人監督の作品が好きな方

 

ざっくり内容紹介

1999年、2005年、2019年−−。
3つの時代で見つめる、一人の男とその【家族・ファミリー】の壮大な物語。

第一章:1999年 出会い
派手な金髪に真っ白な上下で全身を包んだ19歳の山本賢治(綾野剛)。証券マンだった父はバブル崩壊後に手を出した覚せい剤で命を落とし、母親もすでに世を去っている。身寄りのない山本は、悪友の細野(市原隼人)・大原(二ノ宮隆太郎)と連れ立っては、その日暮らしの生活を送っていた。
そんなある日、行きつけの食堂で飲んでいた山本は、そこに居合わせた柴咲組組長・柴咲博(舘ひろし)をチンピラの襲撃から救う。これが二人の出会いだった。食堂を営む愛子(寺島しのぶ)の亡き夫は柴咲の弟分でもあった。
後日、柴咲組と敵対する侠葉会の若頭・加藤(豊原功補)と若頭補佐の川山(駿河太郎)によって、港に拉致された山本たち。それは父の死に遺恨を抱く山本が、侠葉会の息のかかった売人から覚せい剤を横取りしたことに対する報復だったが、たまたま持っていた柴咲の名刺がこの危機を救う。
一命を取り留めた山本は柴咲と再会を果たす。父に覚せい剤を売りつけたヤクザを山本は憎んでいた。そんな山本を“ケン坊”と呼んで迎え入れる柴咲。自暴自棄になっていた自分に手を差し伸べてくれた柴咲に山本は心の救いを得て、二人は父子の契りを結ぶ。こうして山本はヤクザの世界へ足を踏み入れた。

 

第二章:2005年 誇りを賭けた闘い
柴咲組の一員となった山本は、持ち前の一本気を武器に、細野や大原とヤクザの世界で男をあげつつあった。背中に彫り込んだ修羅像も板についている。世間では日本経済の回復が続いており、その景気拡大は戦後最長記録を更新していた。
そんな中、因縁の相手・侠葉会との争いは激化する一方だった。その日もキャバクラの店内で鉢合わせた川山とやり合いになるが、傷の手当てをしてくれたホステスの由香(尾野真千子)に、山本は好意を持つ。自分と同じように家族のいない由香の前でだけ、山本は鎧を脱いで心の安らぎを手に入れることができた。
しかし運命は非情だった。腹の虫がおさまらない加藤の差し金で柴咲が襲われ、代わりに仲間の大原が犠牲となるが、静岡県警の刑事・大迫(岩松了)はこの件に手を出さないよう柴咲組に釘を刺す。「これからは社会でヤクザを裁くのは法や警察だけじゃない。世の中全体に排除されるようになります。時代は変わっていくんですよ」。
それでも引き下がれない山本は、自分の大切な居場所であるファミリー=柴咲組を守るために、加藤たちの元へ単身乗り込む。川山の背後から拳銃を構え、引き金を引こうとしたとき、包丁を握った柴咲組若頭の中村(北村有起哉)がその横を追い抜いた。「ケン坊、親父のこと頼んだぞ」。
そんな中村の姿を目の当たりにした山本は、血に染まった川山を前に、ある決断をするのだった。

 

第三章:2019年 激変した世界
中村の罪をかぶった山本が獄中から出てきたのは14年後。その髪には白いものが混じっている。そこで山本を待ち受けていたのは、暴対法の影響で存続も危うい状態に一変した柴咲組の姿だった
かつての盟友・細野は組を抜け、結婚して子供をもうけていた。「ヤクザ辞めても、人間として扱ってもらうには5年かかるんです。口座も、保険も、家も」。“5年ルール”の厳しさを口にした細野は、食事代をもとうとする山本を頑なに固辞した。いまだ柴咲組に籍を置く山本にご馳走してもらえば、反社会からの金を受け取ることになる。ヤクザは仲間に奢ることさえ許されない時代になっていた。
一方で、愛子の息子・翼(磯村勇斗)は22歳になり、柴咲組のシノギを手伝いながら夜の町を仕切っていた。柴咲組の組員だった父親を抗争で亡くし、山本を慕う翼は、新世代の青年らしいクールな感性に見え隠れする危うさを秘めていた。
ヤクザを取り巻く状況の変化に戸惑いながらも、由香と再会した山本は、14歳になる彩が自分の娘であることを知る。あれほど焦がれた自らの家庭を築くため、組を抜けて新たな人生を歩もうとする山本だったが、元ヤクザという経歴は恩人の細野や由香を巻き込み、思わぬ形で愛する者たちの運命を狂わせていく。それはほかでもない自分のせいで、ようやく掴みかけたかけがえのない家族を失うという、この上なく残酷な現実だった。
そんな山本を気遣う翼が打ち明ける。「親父殺したやつ見つけたんすよ」。
翼の瞳の奥に危険な光を見た山本は、自分の過去のすべてを背負って未来へとつなげるために、ヤクザとしての人生に決着をつけようとする-。

「ヤクザと家族 The Family」公式サイトから転載

 

感想

映画公開前から予告で気になっていました。
タイトルと題材だけで判断すると、中々一歩踏み込みにくい作品と感じる方も多いかもしれません。
実際にバイオレンスな描写も度々出てきます。
気になっていたものの、シリアスな作品だけに、見るタイミングをなんとなく逃してしまい、そうこうしているうちにNetflixで配信されたので、一人時間を使って見ました。

主人公と同じ昭和生まれで、同じ時代を生きてきた僕としてもこの作品で描かれている時代の移り変わり、それに伴って変化していく人の姿はとても共感できました。

そして描かれているのは綾野剛さんと舘ひろしさんのヤクザとしての親子の契りだけではなく、脇を固める様々なキャラクターそれぞれの家族観ということもあり、見ていると「家族ってなんだろうな」と考えさせられます。

自分がこのキャラクターだったらどう感じるだろう、どうするだろうかと感情移入してしまい、没入感がありますね。

なんと言っても主人公がとにかく儚いです。
儚いとしか言いようがないです。

おそらく「家族」というものを感じられないまま育った少年期を経て、
「血の繋がった家族」ではないものの、親子盃で初めて手に入れた家族。
その家族を守るために必死に生きても時代とともに散り散りになってしまい、初めて血の繋がりで出来た家族と普通の暮らしが手に入りそうになってもそれもまた失ってしまうわけです。

悲しい、切ない、儚い、これに尽きます。

残酷な、無情な現実もたくさん描かれているのですが、所々で穏やかさがあって、なんだか最後には「家族を大事にしないと」と思わせてくれる作品。
僕にとってはそんな作品でした。

 

映画『ヤクザと家族 The Family』予告篇

 

映画やドラマが好きな方にオススメのサービス3つ

映画やドラマがお好きな方にオススメの動画見放題のサービスを3つまとめてみました。
無料期間を有効に活用して大好きな映画やドラマを楽しみましょう。

 

Amazonプライムビデオ

☑️ 30日間無料体験

☑️ 月500円のみ

☑️ オリジナルコンテンツが豊富

 

 

・安い料金で映画やドラマを見たい
・テレビやスマホなどいろんな環境で見たい
・ネット環境のないオフラインでも映画やドラマを視聴したい
・Amazonプライム会員としておトクにAmazonを使いたい

 

U-NEXT


☑️ 31日間無料トライアル

☑️ 140,000本以上が見放題

☑️ 電子書籍も1つのアプリで楽しめる

☑️ 毎月1,200円分のポイントが貰える

 

◆31日間無料トライアルの特典◆
・見放題作品が31日間無料で視聴可能
※最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
・600円分のポイントプレゼント
※DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミックの購入に使用可能。
・追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題

 

FODプレミアム


☑️ フジテレビの動画が5,000本以上

☑️ 100誌以上の人気雑誌が読み放題

☑️ 15万冊以上のコミックも読み放題

☑️ 毎月最大1200ポイントプレゼント

 

・フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!
・動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!
・毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイントプレゼント)キャンペーン実施中!
・新番組配信などの更新情報を入手し易い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました