樺沢紫苑さんの『神・時間術』を読んで時間の使い方を変えよう

樺沢紫苑さんの『神・時間術』を読んで時間の使い方を変えよう

はじめに

樺沢紫苑さんの『神・時間術』を読みました。


Advertisement

 

こんな人にオススメです

・樺沢紫苑さんの書籍が好きな方

・時間の使い方を変えたい方

・仕事の生産性をあげたい方

 

ざっくり内容紹介

これが、“最高の生産性”を叩き出す極意!
精神科医が明かす、「脳科学に基づく集中力の使い方」×「アメリカ仕込みの時間術」で、あなたの24時間を2倍に増やす最強メソッド!
「時間の使い方」は、あなたの「人生の使い方」だ!

 

まとめ

・午前中は心も体も疲れていないので集中力が高い(脳のゴールデンタイム)

・雑念を紙に書いて完了形にする

・朝シャワーで神経を刺激する

・集中仕事と非集中仕事を時間帯で分ける

・集中の持続時間の法則を使いこなす

・外出ランチでリセット

・仮眠で脳をリセット

・毎日の規則正しいルーティンが脳のパフォーマンスをあげる

・人のためにやる

・すぐやる

・すぐやる人と仕事する

・隙間時間で読書、すぐにアウトプット

・自己投資する

 

感想

本書によると何かクリエティブな仕事をする時は午前中がよいとのことです。

理由としては、体も頭も疲れていないので集中力が高いようです。

確かに僕もブログや動画編集などのクリエイティブな仕事は夜にやりがちでした。

この本を機に午前中にまわしてみたところかなりサクサク捗ります。

このような「脳のゴールデンタイム」をうまく活用しましょうというのが本書です。

脳科学に基づいたテクニックがいくつもありとても参考になります。


Advertisement

Bookカテゴリの最新記事