【映画】キングダム

【映画】キングダム

TOHOシネマズ上野で映画「キングダム」を観てきました。

kingdom-the-movie.jp

はじめに

個人的にはマンガの実写映画にはアンチなのですが、前段階で配役が割と絶妙で良いかなと感じていました。

王騎役の大沢たかおだけがどうなるのか。

一体どうなるものなのか。

そこのみに期待と不安を寄せていたと言っても過言ではありません。

こんな人にオススメです

キングダムファンの人

キングダムを読んだことがないけど気になっている人

中国の歴史が好きな人

春秋戦国時代が好きな人

ざっくり内容紹介

原泰久のベストセラーコミックを原作にした歴史ドラマ。

中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る少年と、中華統一をもくろむ若い王の運命を映す。

メガホンを取るのは『GANTZ』『図書館戦争』シリーズなどの佐藤信介。

斉木楠雄のΨ難』などの山崎賢人、『あのコの、トリコ。』などの吉沢亮、『50回目のファーストキス』などの長澤まさみ、『銀魂』シリーズなどの橋本環奈をはじめ、本郷奏多満島真之介石橋蓮司大沢たかおらが共演を果たした。

キングダム (2019) – シネマトゥデイより引用

あらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。
戦災孤児の少年の信(山﨑賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。

ある日、漂は王都の大臣である昌文君(髙嶋政宏)によって召し上げられ王宮へ。

信と漂の二人は別の道を歩むことになる……。
王宮では王の弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発。

戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。
「お前に頼みたいことがある」
血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。
「今すぐそこに行け! お前が羽ばたけば、俺もそこにいる……。信! 俺を天下に連れて行ってくれ……」
力尽きる漂。

泣き叫ぶ信。

漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。
走る先に何があるのかもわからず一心不乱に走る信。

たどり着いた先で、信の目に飛び込んできたのは、なんと冷静にたたずむ漂の姿だった!? 死んだはずの漂がなぜ?
「お前が信か」
そこに居たのは、玉座を奪われ、王都を追われた秦の若き王・嬴政(吉沢亮)だった。

その嬴政に瓜二つの漂は、彼の身代わりとして命を落としたのだった。

激高する信だったが、国を背負う嬴政の強さと漂の遺志を受け止め、嬴政と共に行動することを決意。

二人は王宮を奪還するため立ち上がる。

しかし、それは嬴政にとって、路の第一歩に過ぎなかった。
中華統一。

戦乱の世に終わりをもたらす、未だかつて誰もが成し遂げていない、とてつもなく大きな夢を嬴政は心に宿していた。
信は天下の大将軍を、嬴政は中華統一を。

その夢は途方もない修羅の道。
若き二人の戦いの火蓋が切られた——

キングダム – 映画・映像|東宝WEB SITEより引用

オススメ1

王騎の登場シーンが圧巻です。

そのシーンは序盤に訪れるのですが、王騎が自身の大軍を率いてまだ幼い信の目の前に現れるシーンがあります。

王騎の風貌もさることながら、大軍の騎馬隊が大迫力です。

一瞬で心奪われること間違いなしです。

オススメ2

終盤に差し掛かると最高の場面でまたもや王騎が登場します。

王宮を奪還した信や嬴政の元に王騎が隊を率いてやってくるのですが、その王騎に向かって敵の残党が襲い掛かります。

襲いかかるや否や、王騎はその手に持つ矛を振るい、一気に敵を蹴散らします。

その光景たるや圧巻です。

王騎役を演じるために肉体改造をしてビルドアップした大沢たかおの迫力に圧倒されます。

作品紹介

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久集英社)。

2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、現在までに単行本は53巻まで刊行され、累計発行部数3800万部超(2019年1月現在)を記録。

この大ヒット作品を原作とする歴史エンターテインメント映画『キングダム』がついに始動した。
脚本は原作者・原氏も参加し執筆を開始。

映画としてより良いものにするため、原作にアレンジを施すことに。

映画オリジナルのセリフも加わるなど、幾度もの書き直しを経て完成した台本に、原氏を含め携わったスタッフは大きな手ごたえを感じたという。

撮影は、2018年4月に中国で始まった。

日本では実現しえない本物の画を求め、中国浙江省・象山影視城での撮影を敢行。

中国春秋戦国時代の王宮を再現した広大なオープンセットでのクライマックスの撮影や荒野での馬群などは、圧巻の一言。

20日間に及ぶ中国ロケの後、日本国内でも全国各地(静岡・千葉・熊本・宮崎・栃木など)でのロケ、撮影所における王宮内部の巨大セットでの撮影など、スケールの大きな映像をカメラに収めることに成功した。
今作には、日本を代表するスタッフ・キャストが大集結している。

監督は、その映像で観るものすべてをスクリーンにクギづけにする佐藤信介。

漫画原作ながら史実に基づいた中国春秋戦国時代の世界観を、登場人物の心情を、佐藤監督ならではの手腕で描いている。

アクションシーンでは、スピード感あふれる殺陣など、今までにない歴史エンターテインメントを予感させる。

主人公・信には、映画・ドラマ・CMと話題作への出演が続き日本を代表する役者となった山﨑賢人。

猪突猛進で熱き想いを抱く青年を全身全霊で演じ、そのまなざしや発する声に心打たれる事だろう。

クランクイン前から取り組んだアクションも見どころの一つ。

妥協のない佐藤監督の演出にみごとに応える躍動感あふれるアクションに注目だ。

そして、若き王・嬴政には、近年めざましい活躍を見せる吉沢亮

彼がまとう、その気品、威厳、風格は、動乱の世にありながら中華統一を目指す若き王そのもの。

その他、山の民の美しき王・楊端和に長澤まさみ

信・嬴政と行動を共にする河了貂に橋本環奈。

秦の六大将軍・王騎には大沢たかおが。

その他、本郷奏多満島真之介、髙嶋政宏、要潤など、実力・話題性に秀でた豪華キャストがそろい踏み。

さらには、世界を舞台に躍進するONE OK ROCKが主題歌を担当。

本作の為に書き下ろされた「Wasted Nights」がエンディングを彩る。

聴く者の心を震わせるその旋律と歌声は、本作のスケールをより高みへと押し上げ、「前に進み続ける決意」を感じさせる珠玉の主題歌となった。

まさに彼らにしかできない「キングダム」の誕生だ。
スペクタクルな迫力の映像。人間模様と意志の力を紡いだ心情描写。

日本映画の最高峰のスタッフ・キャストで挑む、いまだかつてない歴史エンターテインメント映画『キングダム』は、4月19日(金)に全国公開。

これは、新時代の幕開けである。

原作
「キングダム」原 泰久(集英社週刊ヤングジャンプ」連載)

監督
佐藤信

脚本
黒岩 勉 佐藤信介 原 泰久

音楽
やまだ豊

主題歌
ONE OK ROCK 「Wasted Nights」(A-Sketch

キャスト

山﨑賢人

吉沢亮

長澤まさみ

橋本環奈

本郷奏多

満島真之介

阿部進之介

深水元基

六平直政

髙嶋政宏

要潤

橋本じゅん

坂口拓

宇梶剛士

加藤雅也

石橋蓮司

大沢たかお

製作情報 クレジット
製作:映画「キングダム」製作委員会
製作幹事:集英社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 日本テレビ放送網
制作プロダクション:CREDEUS
配給:東宝 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©原泰久集英社
©2019映画「キングダム」製作委員会
公開日
2019年4月19日公開

感想

Twitterでも宣言した通り、賛否両論あるとは思いますが、本作は好きです。

これ以上の配役も思い付かないかなと。

大軍の登場シーンや戦闘シーン諸々を観ても、人やCGにかなり費用かかっているだろうことが予想できる。

それくらいクオリティが高い。

ストーリーは134分にギュッと詰め込んでる分、割愛されているところや原作と違う流れで表現しているところはそれはそれで仕方ないのかなと。

ともあれ、続編が期待されるというかすでに進んでいる可能性もあるのかなとは思いつつ。

もし続編があるなら戦場のシーンが増えていくので人集めるの大変そうだなとか勝手に思ってます。

とにかく大沢たかお扮する王騎が思いの外良くて、王騎もっと観たかったなと。

相当に王騎でした。

登場するたびにテンションあがりまくりでした。

続編に期待です。


映画『キングダム』予告

Cinemaカテゴリの最新記事