スポンサーリンク

【Amazon Prime Video】東京タワー オカンとボクと、時々、オトンは2時間ドラマ版が最高に泣ける

スポンサーリンク
Amazon Prime Video
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

Amazon Prime VIdeoでオダギリジョーさん主演の『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を見ました。

個人的には大泉洋さん主演の2時間ドラマ版が好きです。

 

こんな人にオススメです

  • オダギリジョーさんが好きな方
  • 樹木希林さんが好きな方
  • リリー・フランキーさんの作品が好きな方
  • 地方から東京に出て暮らしている方

 

ざっくり内容紹介

リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。
監督を『さよなら、クロ』の松岡錠司、脚本をリリーと同郷の松尾スズキが担当し、社会現象的なブームにまでなった原作の映画化に挑んだ。
主人公の“ボク”にオダギリジョー、“オカン”にベテラン女優の樹木希林。
昭和から平成を見つめてきた東京タワーをめぐる母子の深い愛情のドラマに胸打たれる感動作。どこか頼りなくナイーブな主人公を演じたオダギリジョーがハマリ役。

1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は、真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。
オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボクを筑豊の実家に連れ帰り、妹の“ブーブおばさん”の小料理屋を手伝いながら、女手一つでボクを育て始めるのだった。

 

感想

本作の原作をまだ僕は読んでいません。

この作品を一番最初に知ったのは、2006年11月18日のフジテレビで放送された2時間ドラマでした。

僕自身、札幌から東京に出てきたはじめの年で、主演は札幌出身の大泉洋さん。

そういった条件で見たのがこの作品だったのでどうしても思い入れが強くなってしまいますし、ついどうしても比較してしまいます。

ただし、本作は2時間ドラマ版と違った良さがありました。

オダギリジョーさんや樹木希林さんの役柄なのか、それとも脚本なのか、カメラワークや編集なのか、全体的にものすごい柔らかい雰囲気が出ていました。

ですので、悲しいシーンも必要以上の悲しさがなく、号泣というよりはホロっと泣けるという感じです。

とにかく暖かい雰囲気に包まれたのが本作です。

2時間ドラマ、映画、月9ドラマと、こうもうまい具合に違いが出せるものだと関心してしまいますね。

 

映画やドラマが好きな方にオススメのサービス3つ

映画やドラマがお好きな方にオススメの動画見放題のサービスを3つまとめてみました。
無料期間を有効に活用して大好きな映画やドラマを楽しみましょう。

 

Amazonプライムビデオ

☑️30日間無料体験

☑️月500円のみ

☑️オリジナルコンテンツが豊富

 

 

・安い料金で映画やドラマを見たい
・テレビやスマホなどいろんな環境で見たい
・ネット環境のないオフラインでも映画やドラマを視聴したい
・Amazonプライム会員としておトクにAmazonを使いたい

 

U-NEXT


☑️31日間無料トライアル

☑️140,000本以上が見放題

☑️電子書籍も1つのアプリで楽しめる

☑️毎月1,200円分のポイントが貰える

 

◆31日間無料トライアルの特典◆
・見放題作品が31日間無料で視聴可能
※最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
・600円分のポイントプレゼント
※DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミックの購入に使用可能。
・追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題

 

FODプレミアム


☑️フジテレビの動画が5,000本以上

☑️100誌以上の人気雑誌が読み放題

☑️15万冊以上のコミックも読み放題

☑️毎月最大1200ポイントプレゼント

 

・フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!
・動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!
・毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイントプレゼント)キャンペーン実施中!
・新番組配信などの更新情報を入手し易い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました