スポンサーリンク

【Kindle Unlimited】なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。 – 家入一真

スポンサーリンク
Kindle Unlimited
スポンサーリンク

Kindle Unlimitedで、家入一真さんの『なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。 』を読みました。

 


[adchord]

 

スポンサーリンク

はじめに

Kindle Unlitedに出てきたので読みました。

 

こんな人にオススメです

・理想の生き方をしたい方

・家入一真さんの書籍が好きな方

・今の自分の生き方に疑問を感じてる方

 

ざっくり内容紹介

「お金がすべて」の社会のその先に。
クラウドファンディング、恩送りの社会。
資本主義のアップデートが始まる。
今、家入一真が伝えたい、新しいお金、経済の姿。

―ささやかな助け合いから生まれる小さな物語が、クラウドファンディングの現場では日々、誕生している。
グローバル経済や商業主義、会社、学校などの既存の大きな仕組みを「大きな経済圏」と呼ぶならば、
個人レベルでつながりを持ち、支え合うコミュニティを僕は「小さな経済圏」と呼びたい。
そして、この「小さな経済圏」こそが、何かと生きづらくなった現代で、新しい生き方の鍵を握っているのだ。
(「はじめに」より)

目次
第1章 「いい社会」って何だ?
第2章 21世紀型の生き方と「小さな経済圏」の試み
第3章 小さな灯をともし続ける
特別対談1 家入一真×pha「次の時代の生き方論」
特別対談2 家入一真×谷家衛「行きすぎた資本主義とCAMPFIREの役割」

 

まとめ

・「どんな生き方がしたいか」が大切で、「じゃあそのためにはどうしたらいいか」を理想から逆算することが大切

・過度な欲求や承認欲求を持たず、そばにある幸せにきちんと気付くこと

・バーニングマンの10の原則から学ぶ

・小さくはじめる

 

感想

理想の生き方を実践できるいい時代になりました。

これまでに生きづらさを感じていたような社会や組織のルールは徐々に緩和され、多様な生き方が受け入れられています。

そのことをわかりやすく書かれた本だと思いました。

 


[adchord]

コメント

タイトルとURLをコピーしました