【レンタル】北の国から 2002 遺言 前編

【レンタル】北の国から 2002 遺言 前編

 

GEOのレンタルで北の国から北の国から 2002 遺言を見ました。

はじめに

ついにこの瞬間がやってきてしまった。

今作前編、後編をもって北の国からシリーズがラストとなります。

こんな名作この先も出てこないだろうなと思いつつ、噛み締めながら見ました。

 

こんな人にオススメです

  • 北の国からが好きな人
  • これから北の国からを見始める人
  • 北海道、富良野が好きな人

 

ざっくり内容紹介

Amazonレビュー

1981年の開始以来、断続的に続いてきた国民的ドラマシリーズ最終作。

草太から引き継いだ牧場経営がうまくいかず、莫大な借金を抱えたあげく倒産に追い込んでしまった責任から、純は富良野を離れて羅臼で暮らしている。

純と共同経営者だった正吉も失踪し、蛍は女手一つで息子の快を育てている。

五郎は自身の体調不良と中畑の妻の病気を目の当たりにすることで遺言を書き始める。

最終作ということもあってか、これまでは諸問題に折り合いをつけがちだったが、今回は正面から逃げることなく向き合う、決意の物語であるといえるだろう。

だが、だからといって彼らの人生がまだ終わったわけではなく、やはりこれもまた通過点の一つに過ぎない、そういうメッセージを全編から感じ取れる、ひとまずの完結編。(田中 元)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

富良野を舞台に、家族の愛や絆を描く名作ドラマの最終回を収録した2枚組。

純と正吉が草太から受け継いだ牧場が倒産。

2人は働き口を求め富良野を出ていく。

一方、すみえに家を建ててくれるよう頼まれ、家作りに着手し始めた五郎は腹痛を訴え…。

内容(「Oricon」データベースより)

1981年10月の連続ドラマ放送開始以降、絶大な人気を誇る、倉本聰原作の北海道・富良野の大自然を舞台に繰り広げられる家族の絆を描いた感動作「北の国から」が遂に完結!

最終章「2002遺言」の前・後編を収録した2枚組DVD作品。

 

北の国から 2002 遺言より転載

 

あらすじ

草太(岩城滉一)が事故で亡くなってから4年が経った。

草太から引き継いだ牧場の倒産で、純(吉岡秀隆)と正吉(中沢佳仁)は借金を抱え富良野から出て行った。

螢は3歳になる息子・快(西村成忠)と富良野で暮らしていた。

五郎(田中邦衛)にとっては孫の快が唯一の生きがいであった。

ある日、和夫(地井武男)の元に娘のすみえ(中島ひろ子)が帰って来た。

結婚が決まったというがすでにお腹には子供がいるらしい。

すみえの結婚相手の清水正彦(柳葉敏郎)は、五郎が廃棄物で作った雪子の家を見て感動し、自分とすみえの新居を建てて欲しいと頼み込み、五郎は新居作りに着手することになった。

そんな時、久し振りにシュウ(宮沢りえ)が五郎を訪ね、近く結婚して神戸に行くことを話し、純にあてた手紙を置いて行った。

その時、五郎の下腹部は急に痛みだし、螢に言われ続けた精密検査を受ける決心をする。

純はシュウの手紙を、羅臼という漁師町で受け取った。

廃棄処理業をしながら暮らす純は、ある日コンビニの店員・高村結(内田有紀)と出会い、魅かれていく。

しかししばらくして純は、結が人妻で、その義父・吾平(唐十郎)がトドと呼ばれる気性の激しい男だと聞かされた。

ある日螢は、病院でみずえ(清水まゆみ)の姿を見つけた。

そしてその時、病院の駐車場でみずえを送り届けて戻った和夫の手は小さく震えていた…。

 

『北の国から 2002遺言』(前編)より転載

 

オススメ1

中畑が妻であるみずえのガンが再発したことを五郎に告げます。

五郎は中畑の娘であるすみえ夫婦の家を建てている途中でした。

中畑の妻・みずえはその家が建つことを誰よりも楽しみにしていました。

中畑は号泣し、五郎は言葉を失います。

 

中畑のおじさんの気持ちを想うととても悲しくなるシーンです。

このシーンで有名なのは、中畑演じる俳優の地井武男さんも今作の前後に、がんで奥さんを亡くされていて、それがあの迫真の演技につながったと言われています。

役者魂というべきか、それをむき出しに表現してしまう人間力、強さがたまりません。

 

オススメ2

今作では久しぶりに涼子先生が登場します。

涼子先生は課外授業の引率で川辺にいたところを純が見つけます。

 

不思議なもので、涼子先生はいくつになっても涼子先生で、純は純のままだなあと感じました。

二人とも時は流れて変化したものの、ドラマ初期の雰囲気は一切変わっていないのが不思議でした。

最終回にふさわしい登場だったように思います。

 

作品紹介

草太(岩城滉一)が事故で亡くなってから4年が経った。

草太から引き継いだ牧場の倒産で、純(吉岡秀隆)と正吉(中沢佳仁)は借金を抱え富良野から出て行った。
 螢は3歳になる息子・快(西村成忠)と富良野で暮らしていた。
五郎(田中邦衛)にとっては孫の快が唯一の生きがいであった。
ある日、和夫(地井武男)の元に娘のすみえ(中島ひろ子)が帰って来た。
結婚が決まったというがすでにお腹には子供がいるらしい。
すみえの結婚相手の清水正彦(柳葉敏郎)は、五郎が廃棄物で作った雪子の家を見て感動し、自分とすみえの新居を建てて欲しいと頼み込み、五郎は新居作りに着手することになった。
そんな時、久し振りにシュウ(宮沢りえ)が五郎を訪ね、近く結婚して神戸に行くことを話し、純にあてた手紙を置いて行った。
その時、五郎の下腹部は急に痛みだし、螢に言われ続けた精密検査を受ける決心をする。
純はシュウの手紙を、羅臼という漁師町で受け取った。
廃棄処理業をしながら暮らす純は、ある日コンビニの店員・高村結(内田有紀)と出会い、魅かれていく。
しかししばらくして純は、結が人妻で、その義父・吾平(唐十郎)がトドと呼ばれる気性の激しい男だと聞かされた。
ある日螢は、病院でみずえ(清水まゆみ)の姿を見つけた。
そしてその時、病院の駐車場でみずえを送り届けて戻った和夫の手は小さく震えていた…。

 

出演者・スタッフ
<出演者>
黒板五郎:田中邦衛
黒板純:吉岡秀隆
笠松螢:中嶋朋子
小沼シュウ:宮沢りえ
高村結:内田有紀
宮前雪子:竹下景子
中畑和夫:地井武男
北村草太:岩城滉一
水谷涼子:原田美枝子
高村吾平:唐十郎
清水正彦:柳葉敏郎
成田新吉:ガッツ石松
宮田寛次:布施博
中畑みずえ:清水まゆみ
中畑すみえ:中島ひろ子
三沢のじいさん:高橋昌也
三沢夫人:根岸季衣
笠松快:西村成忠
ほか
<スタッフ>
原作・脚本:倉本聰
音楽:さだまさし
プロデューサー:中村敏夫、杉田成道
撮影:竹越由幸、森田修
デザイン:根本研二
美術:梅田正則
照明:本間利明
音声:三井登
演出:杉田成道
制作協力:フジクリエイティブコーポレーション
制作:フジテレビ
『北の国から 2002遺言』(前編)より転載

感想

ついに最終回かと思いつつも、純のやられっぷりがすごい。

経営破綻して離農して羅臼っていう展開。

北の国からシリーズを通して、純のやられっぷりはいつ見てもすさまじいものがあります。

とはいえ、今作ヒロインである高村結との出会いからまた新しい展開に向かっているのも楽しみです。

 

五郎力作の石でできた家、拾ってきた家、拾ってきた町が展開していくのも個人的には素敵だなと思います。

是非富良野旅行の際に訪れたいと思います。

 

後編も噛み締めながら楽しみたいと思います。

 

Cinemaカテゴリの最新記事